toggle
2016-11-23

高額OK割高NG

woman-checking-the-time-on-her-fashion-watches-picjumbo-com

先日、東洋経済オンラインで年収1億円超の70歳が送る意外と地味な生活の記事を読んだ。

港区在住の70歳と60歳の夫婦の身近にいるお金持ちのお話し。

70歳の男性は10年前に定年退職し、奥様と一緒にビル管理業を営んでいる。

港区に不動産を所有し、それらのテナントはほぼ満室。

年間所得は1億をくだらないという。

それらの不動産を売却すれば30億をくだらない。

男性は海外の大学を卒業して広告関連のビジネスを手がける編集プロダクションで働き、年収は悪いときで800万円前後、バブル時代には2500万円に到達していた時代もあり、退職金を含めた生涯収入は5億円ほどだったそうだ。

奥様はというと、2人の子どもを産み育てながらも外資系金融機関を渡り歩き5年ほど前に引退、今年還暦を迎えた。

年収は2000万円を切ったことがなく、ボーナスの最高額は年3億円だったそう。

退職金はなかったものの25年間でなんと20億円以上の所得を荒稼ぎした。

この時点で一般庶民とはかなり違うステージにいらっしゃるw

賢いのは会社員時代に稼いだ所得をうまく投資に転換し、お金にお金を運ばせて老後を過ごしているところだ。

一番興味を引いた言葉が、

高額OK割高NG。普段の生活は普通の家庭と極端に差があるようにも見えない。世界基準で「超富裕層」の部類に入るファミリーがこの目立たなさ。ゆえに、日本における富裕層ビジネスはとても難しい。

この「高額OK割高NG」という言葉が気に入り、今日はブログに残しておこうと思った。

今年に入って本格的に投資の勉強を始めて早いものでもう11月も後半だ。

あっという間だ。

今年は私の人生において、大きなターニングポイントとなった年だった。

来年も今年に引き続き投資や経済、お金の仕組みについて勉強しながら投資の経験を積もうと思う。

あと、今後は少しずつ海外へ行く機会も増やしていきたいと考えている。

自分の目で見て、その土地の空気を感じることが大事だと感じる。

いつかそのこともブログで書けたらいいと思っている。

関連記事