toggle
2017-02-01

セゾンカードの永久不滅ポイントが運用できる

セゾンカードの永久不滅ポイントの運用が始まったようだ。

私は20代の頃からセゾンカードを使用している。

大学生の頃か社会人になってからか、随分前のことなので記憶は定かではないが、かれこれ10年以上使っている。

セゾンカードにした理由は、年会費無料・ポイントが永久不滅という理由だ。

私はポイントは主にAmazonギフト券に交換して本などを買って利用している。

この記事によると、サービス対象者は約1,317万人でポイントの残高は920億円にものぼるそうだ。

(単純計算で1人当たり約7,000円のポイント残高があることになる。)

ポイントはマネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社が運用する投資信託の価格に合わせて増減し、手数料は無料となっている。

※マネックス・セゾン・バンガード投資顧問会社は、マネックスグループ株式会社やセゾンカードの株式会社クレディセゾン、バンガード・グループの出資を受けている会社。

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問会社のプレスリリースを読むと、

新たにクレディセゾンで開始された「ポイント運用サービス」は、セゾンカード・UCカードでのショッピングで貯まる「永久不滅ポイント」を活用し、長期投資を体験できるサービスです。
当社は、今回クレディセゾンが掲げる「資金や投資経験が無い方でもポイントで気軽に長期投資を体験できるサービスにより、若年層や女性など幅広い層の金融商品への興味と関心を喚起し、金融市場全体の健全な発展に寄与していきたい」という考えに強く賛同し、当社が運用する「MSV内外 ETF 資産配分ファンド(A コース及び H コース)」をポイント増減の連動対象商品とするとともに、新サービスにおけるリスクヘッジを目的とした投資一任契約をクレディセゾンと締結いたします。ニーズに応じた最適な資産配分による国際分散投資により、サービスの普及とカード会員様にご満足いただける運用実績を実現し、運営をサポートしてまいります。
クレディセゾンの「ポイント運用サービス」運営をサポート

とある。

なかなか面白い試みだ。

運用コースは外国株式・外国債券を中心に積極的にプラスを狙う「アクティブコース」、国内債券を中心に安定的な運用を目指す「バランスコース」の2種類ある。

100ポイント以上100ポイント単位で運用でき、取り出しは1ポイント単位で行うことができるそう。

 

(参照 http://www.saisoncard.co.jp/point/unyou/index.html?ch=naatu)

外国株式・外国債券を中心に積極的にプラスを狙うアクティブコースは年間15%程度の変動の可能性があり、国内債券を中心に安定的な運用を目指すバランスコースは年間3%程度の変動の可能性がある。

<アクティブコース>

アクティブコースはマネックス・セゾン・バンガード投資顧問会社のMSV内外ETF資産配分ファンド(Hコース)となる。

運用報告書 のポートフォリオを見ると、昨年の9月の決算期では外国債券と外国株式の比重が大きい。

【投資対象一覧】

アクティブコース投資対象

今のところ分配金は0円、負担手数料はファンドの純資産総額に対して、年率0.991%程度(税込)(概算値)、(年率0.925%程度(税抜)(概算値))だそう。

(ポイント運用の場合は手数料は無料。)

<バランスコース>

バランスコースはマネックス・セゾン・バンガード投資顧問会社のMSV内外ETF資産配分ファンド(Aコース)となる。

運用報告書 のポートフォリオを見ると、国内債券の比重が圧倒的に多い。

【投資対象一覧】

バランスコース投資対象一覧

分配金、手数料共にアクティブコースと同じ。

(ポイント運用の場合は手数料は無料。)

 

<ポイント運用の申込の仕方>

①Netアンサーの画面からポイント運用サービスをクリック

②規約に同意して申し込み

ポートフォリオ同じ?

 

2016年10月12日現在のポートフォリオを見ると、アクティブコースもバランスコースも同じ比率になっている。(?)

ひとまず私はアクティブコース300ポイント、バランスコース200ポイントで運用を開始する。

 

【追記】

(2017年2月3日現在)

(2017年3月1日現在)

関連記事