toggle
2017-05-17

株で勝ち続ける人の常識 負ける人の常識

普段株の本はほとんど読むことはないが、少しずつ他の投資法についても見聞を広げようと思い「株で勝ち続ける人の常識 負ける人の常識」を読んでみた。

詳しい投資手法について書かれてはいないが、参考になったポイントをまとめてみる。

株で勝ち続ける人の常識 負ける人の常識

株主優待

× 銘柄を選ぶ時は、株主優待の有無を重視する

〇 株主優待が充実した会社は長期的に付き合う価値がない

株式投資の本質を考えると、株主優待を理由に銘柄を決めるのは本末転倒と言っている。

株主になるということは、出資した金額分会社の所有者となることを意味する。

ある程度のサービスを株主に還元するのはいいが、株主優待の内容が一定水準を超えている場合は経営者の自信のなさの裏返しとし、こうした会社は長期的に付き合う価値はあまりないとのこと。

本来の経営者は優待など一切出さない代わりにしっかりと利益を上げ、高額の配当という形で株主に報いるのが本来の経営者の姿と言っている。

今は短期トレードをメインにしているので株主優待は一切気にしていないし、将来的に長期投資に変わってもそこまで重要視することもないと思う。

しかし世の中には株主優待を重視する投資をしている方がいるのも確かだ。

それが株価に影響することも少なからずあることは忘れずにいようと思う。

投資手法

× 一つの手法をマスターすれば、投資成績は上がる

〇 投資は「経済」「理論」「勝負」の3つから成り立つ

今はテクニカルをメインにトレードをしているが、それだけでは通用しないと思っている。

投資を始めた頃は、決算書や財務状況を見たファンダメンタルを試したが、短期トレードをしていた私にはイマイチ合わずテクニカルへ移行した。

(そもそも正しいファンダメンタル分析ができていない可能性がかなり高いが。)

しかし、市場はファンダメンタル、テクニカル、マクロ経済それぞれの理論で、資金が豊富な人や少ない人、プロの人もいれば私のような新参者も参加してくる魑魅魍魎の世界だ。

特定の理論しか知らないというのは危険だ。

投資は、3分の1は「経済」の世界、もう3分の1は「理論」の世界、そして、残りの3分の1は「勝負」の世界である。

自分のトレード方法が通用しなければ、その都度「研究→挑戦→修正」を続けよう。

情報に中立になる

× 市場は特定の勢力によってコントロールされている

〇 「市場の陰謀論」など存在しない

著者の加谷さんによると、上昇相場が始まっても最初は懐疑的な見解が中心で楽観的な見方は否定される。

実際に株価の上昇が始まると徐々に投資家の心理が変わり、全員が楽観論者になった時が株価のピークで、そこに到達するまでの時間は意外なほど長いと言っている。

確かにそうだ。

落ちると早いというが、上がり始めると意外と長くて驚くこともある。

自分がやっているテクニカルでは空売りのサインだと思って仕込むが、想像以上に上昇が長く続いて焦ることもある。

このような失敗は、データをとって今後の研究材料にしていくつもりと思い、今はいろいろチャレンジしている。

誰がどんな内容の情報発信をしているのかということそのものが、有益な情報でもあるのだ。

2ちゃんねるやツイッターやヤフーの掲示板などにはいろんな書き込みがあるが、煽られたくないので基本見ない。

しかし情報が偏りすぎるのもよくないので、最近は下記のまとめサイトをチェックするようにした。

意外と勉強になることもあって、知識の補充をさせてもらっている。

官製相場

× 官製相場はまやかしなので、株価はすぐ下落する

〇 政策と反対のスタンスを取ると失敗する

アベノミクス相場は政府と日銀によって演出されたが、もっとも影響が大きかったのは、コーポレートガバナンス・コード改革と公的年金の買いだと加谷さんは言っている。

このコーポレートガバナンス・コードの新しい上場ルールは、上場企業は株主価値の増大に注力することが求められている。

(=企業は株主還元策の強化を迫られている。)

日本最大の機関投資家である公的年金は、苦しい状況が続く年金財政を好転させるために運用のポートフォリオを債権から株式にシフトしている。

年金の支払いが苦しいので、リスクの高い株に投資し、株価が上がるように企業にはROE(自己資本利益率)の向上を求めるというのが現在の図式なのである。

たしかに、トレードしながら「公的年金や日銀が買い支えてる?」と感じる時がある。

この本が出版されたのが1年半前の2015年11月。

当時と比べてアメリカはトランプ政権に変わった。

トランプは日本の円安や輸出企業に対してけん制をかけてくるが、今のところ北朝鮮の有事も起こりそうになく(100%断言はできないが)、日経平均も2万円を突破したらこのまま上昇トレンドに入るかな?


(引用 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000)

インフレ

× インフレになると生活が苦しくなるので株価は下がる

〇 インフレの分だけ名目上の株価は上がる

日銀は量的緩和策で積極的にマネーを供給し、意図的に物価を上げようとしている。

それは物価と経済成長に密接な関係があることの裏返しであり、機関投資家などのプロの投資家は株式投資を行うにあたり、株価と同じくらい金利の動向に注意を払っているとのこと。

ちなみにアメリカは3月15日に利上げを行い、日本は円高になって日経平均・NYダウともに下がった。

テクニカル分析

× テクニカル分析の手法はアテにならない

〇 人間の心理的な面での影響は無視できない

私は(今は)テクニカルメインの投資だが、学術的にはテクニカル手法を使ってもインデックス以上のパフォーマンスを上げることはできないというのが定説らしい。

株価の値動きに関しては、ある特定のパターンが存在すると多くの人が認識した場合(それが真実かどうかにかかわらず)結果的にそのパターンが現実化することは大いにあり得る話とあった。

人の心理が株価を作る。

中には実態が伴っていないこともあるのでそこは要注意だ。

経験

× 投資はしっかり勉強した上で行うべきだ

〇 とにかく経験を積むことが大事

紙の上で勉強することと株価ボードを見ながら実際に値を指して株を売買することには天と地ほどの違いがあり、実際に投資してみなければわからないもので、場数を踏んだ投資家にはかなわないと考えるべきだと加谷さんは言っている。

株式投資は8割の人が失敗するといわれており、その理由は実際に資金を投じたときの心理に負けてしまうからだそうだ。

どんなによい投資手法を考えたとしても、実際に大金を投じて運用すると平常心ではいられなくなり、機械的な売買ができなくなる。

その結果、損切りのタイミングを失ったり、損を取り返そうと不必要なリスクを取ったりするが、これは誰もが通る道だそう。

こうした心理面の弱さは経験を積むことでかなりの部分をカバーできるので、投資を始める時期は早いに越したことはないとのこと。

10年程前に一度株の本を買って勉強しようと思ったが、その時は結局手つかずでやらずじまいだった。

今思うと、リーマンショックやアベノミクスの経験をして、修行を積んでおきたかった。

成功している投資家の人のブログを読んでいると、退場寸前まで追い込まれた苦しい経験がターニングポイントになっていると感じる。

そこで止めてしまうか、勉強と努力を重ねてやり続けるか。

5月に大損失を出して「ついにきたか」と思ったが、これは自分の投資人生で大きなターニングポイントになると思っている。

まずは五割の状態に戻すことを意識して日々勉強しているが、投資は知識だけでなくメンタルもかなり大事だと痛感した。

今年はひとまずマイナスをチャラにして元本を元に戻すというのが第一テーマだが、焦らずコツコツ経験値を積みながら頑張っていこう。




関連記事