toggle
2017-07-22

40代ひとり暮らしの選択にかかっている

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on LinkedInShare on Google+Email this to someone

日本を変えるカギを握っているのが、高齢者でも子どもでもなく、「40代ひとり暮らし」であることが判明。労働時間や老後の介護、空き家問題などを良くするのも悪化させるのも、「40代ひとりぐらし」の人たちの選択にかかっていることが見えてきた。

 

来年40歳になる。

仕事を辞めずに東京に残っていたら、確実に自分も「40代ひとり暮らし」だったはず。

今は実家で母とネコと暮らしている。

干渉しすぎない母とネコとの共同生活は、今まで生きてきた中で一番穏やかで自由な暮らし。

これは想定外だった。

この環境に日々感謝している。

東京に出た時は、広島に戻ることはないと思っていたし、いつか結婚もするだろうと思っていた。

結局広島に戻ってきたし、35歳を過ぎたあたりからお嫁にいくこともないと悟った。

(ただし、ネットがここまで発達してなかったら確実に東京に残っていたはず。)

うちの場合は親の介護と空き家問題はなんとかなりそうだけど、今の日本は「40代ひとり暮らし」が多いことで問題があるのか?

あまりお一人様を責めないで欲しいけど、決して他人事ではないので番組は見てみたい。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on LinkedInShare on Google+Email this to someone
関連記事