toggle
2017-08-20

ほどほどに筋トレしてそこそこ食べたい物を食べて健康寿命を延ばしたい

4月からダンベルを使って家で筋トレを始めた。

そして人生で初めてプロテインを飲み始めた。

運動を始めたら食欲も出て、体重は3kg増えた。

(筋肉が増えたと思いたいが、脂肪のような気もする。)

セミリタイアを開始した頃は、会社員時代の不摂生で増えた体重を戻すべく、運動・食生活の改善で少しずつ体重を落とした。

BMIで言うと18まで落とした。

そして去年の今頃は夏バテになって、食欲が出なくて更に痩せた。

BMIは17.5になった。

さすがにここまで痩せるのは体に良くないと思ったが、夏バテがきつくてどうしても食事量を増やすことができなかった。

それから夏風邪を引いてしまったが、免疫力が落ちたせいかなかなか治らず、咳も止まらず1か月苦しんだ。

秋になる頃にはなんとか体重も戻してBMIも18に戻った。

そして今のBMIは20だ。

体調はすこぶる良い。

今年は夏風邪も引いていない。

若い時にやせすぎの体で過ごした場合、高齢者になって介護保険の利用料が増える傾向も なぜそのリスクが高まる?

(引用 http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3711/1.html)

「少ない食事でぎりぎり生きている状態が続く→筋肉減る→抵抗力・免疫力が落ちる」という負のスパイラルにハマる。

痩せた体では体重の負荷がかからないので骨も丈夫にならない。

太りすぎは健康に良くないが、痩せすぎも健康に良くない。

できれば老後は高い医療費・介護保険料は払いたくない。

寿命より健康寿命を延ばしたい。

だからといって将来の健康のために今を楽しまないのも嫌だ。

厳しい食事制限より、食べたいものはそこそこ食べたい。

今のところ1日10分のダンベル体操なら無理なく続けられそうなので、なんとか続けようと思う。

関連記事